他の職業の者も行える|債務整理は評判のいい司法書士へ

ウーマン

様々な弁護士

弁護士も人である以上、正確や備わっている知識は様々です。人によっては性格が合わないなどの問題が発生する場合もあります。同じ弁護士でも考え方性格が違うので、相談内号同じでも結果が異なるので注意が必要です。

メンズ

相続対策を考える

家庭の中で相続などをしっかりと誰がどのようにするのかを明確に決めていることは少ないです。そのため相続専門の弁護士などに相談することで対策を考えることが一般的になっています。

法律のプロ

紳士

弁護士の扱う業務について

弁護士は裁判官、検察官とともに法曹三者の一角を占める存在であり、民間で活動するため、在野法曹とも呼ばれています。そして弁護士は、法律のスペシャリストであり、様々な法律業務を担っています。例えば代表的なものに、裁判における訴訟業務が挙げられます。訴訟活動は民事であれば私人同士、刑事であれば被告人と検察官が行います。しかし、一般の人は法律に詳しくなく、訴訟においてうまく主張や立証活動ができないことが多いです。そこで弁護士が訴訟代理人となりこのような者のために訴訟活動を行うのです。このような訴訟代理人になる行為は、例外を除いて弁護士しかすることができません。これは、三百代言の暗躍による、訴訟秩序の乱れを防止するためにとられている措置です。

その他の法律を扱う職業について

前述のように、弁護士は特別の業務活動を許されており、一定の公益的立場に立って活動する存在です。しかし、弁護士が行う業務の中には、他の職業の者も行えるものもあります。 たとえば司法書士は、裁判所や法務局、検察庁等の公務所に提出する書類や債務整理に必要びなる書類の作成を行うことができます。いわゆる書類作成代理です。このような活動は、もちろん弁護士が行うことができます。しかし、弁護士は一般的に報酬が高めに設定されているため、費用がかかってしまいます。それに比べて司法書士の報酬は評判によりますが比較的低めに設定されているため、簡易な債務整理の手続きのために書類作成が必要な場合には、費用が高くつく弁護士に依頼するよりも、評判のいい司法書士に依頼した方がメリットとなります。

レディ

トラブルを改善する知識

相続問題は、いろいろな「トラブルが発生します。遺言書などを残していても、相続税などのトラブルがついてきます。そういったトラブルを解決するためにも必要な知識をつけておきましょう。